賑やかな街にひっそりと佇む癒しの空間、明治神宮ミュージアム。

architect

日本最大の初詣スポットである明治神宮の片隅にある、

”明治神宮ミュージアム”をご存知ですか? 

たくさんの人や物、目まぐるしい都会に疲れた人おすすめしたい癒しスポットです。

明治神宮ミュージアムとは?

明治神宮ミュージアムは、明治天皇と昭憲皇太后のゆかりの品が展示されている施設で、
鎮座百年祭記念事業の一環として2019年10月に開館した場所です。

設計は、隈研吾さんが

担当した建物です!

場所は、原宿駅側の鳥居から少し歩いたところにあります。

隣に賑やかな場所(原宿駅)がある事を

忘れてしまいそうな空間だね✨

開館時間 10:00~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週木曜日
入館料金 一般1000円 高校生以下900円
(詳細はHPをチェックしてください)

外観

外観は”侘び寂び”を感じるような創りになっています。

派手な建物じゃないから、意識していないと

通り過ぎちゃいそうだね

そのくらい、明治神宮の杜(もり)

馴染んでるってことだよ✨

内観

入場券(チケット)
入ってすぐのところにある自動券売機購入しました。

チケットは
建物の中で待ってるスタッフさんに渡します。

内か外かわからないような空間。ここで座ってのんびりしました。

中に入ってみると、
外からみたイメージ(低くて、侘び寂びを感じる暗いイメージ)とは違い、
明るくて開放的な空間となっていました。

葉脈みたい。

館内詳細

1階にはメインロビー杜の展示室があります。

杜の展示室では、明治神宮の歴史

参拝方法神社の模型などが展示されてたよ!

すごくシンプルで、

見やすかったね✨

2階には、宝物展示室企画展示室映像ルームがありました。

私たちが訪れた時は、

映像ルームは閉鎖されてたよ

※ 2021年3月時点

宝物展示室は、暗いなかに煌びやかな品が展示されています。

隈さんが設計する美術館は展示室が、暗いからかすごく緊張感があり

見るときはいつもドキドキしてしまいます。

暗い展示室から出ると、明るい光に包まれ、

張り詰めていた糸が緩むような気分を味わうことができます。

(個人的に)オススメの空間は、2階ロビー

個人的に、2階のロビーが

好きだったなぁ〜

1階のロビーより、明るく、少し狭い空間だから安心感があり

ゆっくりとくつろぐことができます。

椅子に座って、杜と明治神宮に向かう人や駅に向かう人を

ぼーっと眺めているとすごく心が落ち着きました。

1階同様、窓を感じさせないつくり
明治神宮で役割を終えた木が再利用されているとか。

おまけ

いい建物は、トイレが綺麗で美しい。(謎の持論)

手洗い場がとても美しいなと思いました。

ぜひ、行った時に見ていただきたい場所です。

この薄さと、緩やかなカーブが美しい。

みなさんも、明治神宮ミュージアムで、癒しの時間を体験してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました